顕微鏡を使用した歯内療法など無痛治療で抜歯をしない歯科治療は四谷の澤田デンタルオフィス

本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

SAWADA DENTAL OFFICE
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 治療法について
  • 院内設備
  • よくあるご質問
  • アクセス

歯内療法専門医の医院情報,活動報告,そして歯内療法に関する最新情報を発信しています.

時系列で診る

昨日お話した
「心臓は語る」という本の続きの話です.


検査の章に
「時系列で比べないと判断できないことも多い」
というところがあります.

そこからの抜粋です.

「検査のときに,医者が一番困るのは,
その時点での検査結果しか判断材料がない場合です....(中略)...
しかし,そこに三年前と五年前のレントゲン写真があれば全く違ってきます.
...(中略)....診断をより正確にするためには,
過去のデータも必要なのです.」


以前,エックス線写真の影についてお話しました.
影があるからといって,悪いとはかぎらないのです.
http://blog.sawada-dental.com/e141997.html

もしかしたら,前医が一生懸命治療して,
治癒してきている過程かもしれません.
瘢痕治癒になっていると,治癒していても透過像が残ることもあります.

よくセカンドオピニオンを聞きたいと来院される患者さんがいますが,
以前のデータがなければ,我々が下せるのはファーストオピニオンです.
是非主治医の先生から以前のデータを添えた紹介状をもらってきてください.
そうすれば,セカンドオピニオンをお話することが可能なのです.

10年前からある影であれば,
それは何も悪さをしていないのかもしれません.
そのような場合は,経過観察(待機的診断法)というのも大事な治療法ですね.

時系列で診る,ということが結構大切なのです.



同じカテゴリー(治療)の記事画像
Sawada Selection 2018
第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料
歯内療法学会誌論文掲載
抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実
澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」
破折歯への対応
同じカテゴリー(治療)の記事
 Sawada Selection 2018 (2018-05-05 09:41)
 ある先生からのお手紙 (2017-08-10 10:30)
 第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料 (2017-08-09 21:51)
 歯内療法学会誌論文掲載 (2017-06-06 13:07)
 「マイクロエンド時代のガッタパーチャ除去」 (2016-05-23 10:07)
 慢性痛の脳内のメカニズムを解明 (2016-04-13 19:26)

更新日:2011年04月06日

院長 澤田則宏ブログ
ご予約・お問い合わせは 03-3341-4618
歯科医師の先生方はこちら 紹介方法&セミナー案内
とうきょうキッズメディカルスクールホーム
削除
時系列で診る