顕微鏡を使用した歯内療法など無痛治療で抜歯をしない歯科治療は四谷の澤田デンタルオフィス

本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

SAWADA DENTAL OFFICE
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 治療法について
  • 院内設備
  • よくあるご質問
  • アクセス

歯内療法専門医の医院情報,活動報告,そして歯内療法に関する最新情報を発信しています.

日本歯科保存学会

 28日(木),29日(金)と日本歯科保存学会出席のため,岐阜に行ってきました.

 今回の保存学会は,日韓共催であったこともあり,韓国の先生方も多数参加されていました.留学先で知り合った友人達も来日しており,久しぶりの再会を楽しむことができました.Dr.Baekはマイクロエンドにおける超音波チップの有用性について講演し,またDr.Leeはエンド領域におけるregenerationについて講演をしてくれました.講演後にお二人とお話をし,私も良い情報を得ることができました.

 米国でEndodontist(歯内療法専門医)として仕事をしている駒林先生の講演もありました.駒林先生は米国でEndodontistとして活躍している数少ない日本人の一人です.Pulp capping(直接覆髄)に関する話の内容はとてもわかりやすく,素晴らしい講演でした.また夕方から米国のEndodontistについての講演もあり,こちらもとても興味深い内容でした.日本の歯科医療をどうすべきか,駒林先生の講演の中にヒントがあったように思います.

 夕方行われた認定研修会では,国立長寿医療研究センターの中島美砂子先生が歯髄の再生について講演をされました.私も以前,器官培養を行い象牙芽細胞を誘導できないか,などと夢のようなことを考えていた時期があります.その頃中島先生はBMPなどを使った論文を発表されており,「すばらしいなぁ」と思っていました.今回の講演はもっと進歩しており,歯髄が再生されている内容でした.先日の国際歯科学会で,「10年後にはiPS細胞を用いて,歯髄が再生されるようなことになっているかもしれませんね」とシンポジストとしてお話しましたが,今回の中島先生の話を聞くと,これも夢物語ではないと感じました.

 医療は日々進歩しています.最新の知識を得るためにも,研鑽を積まねばならないと感じた学会でした.貴重な講演をしてくださった先生方に感謝致します.



同じカテゴリー(活動報告)の記事画像
第8回日本国際歯科大会で発表
第8回日本国際歯科大会
Dr.Ruddle講演会およびワークショップ
日本歯内療法学会 指導医
医科歯科同窓会講演会
香川県保険医協会 学術講演会 Part 2
同じカテゴリー(活動報告)の記事
 第8回日本国際歯科大会で発表 (2018-10-07 09:13)
 第8回日本国際歯科大会 (2018-10-05 17:41)
 Dr.Ruddle講演会およびワークショップ (2018-09-30 21:20)
 日本歯内療法学会 指導医 (2018-09-15 17:51)
 医科歯科同窓会講演会 (2018-09-09 11:00)
 香川県保険医協会 学術講演会 Part 2 (2018-09-02 09:19)

更新日:2010年10月30日

院長 澤田則宏ブログ
ご予約・お問い合わせは 03-3341-4618
歯科医師の先生方はこちら 紹介方法&セミナー案内
とうきょうキッズメディカルスクールホーム
削除
日本歯科保存学会