顕微鏡を使用した歯内療法など無痛治療で抜歯をしない歯科治療は四谷の澤田デンタルオフィス

本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

SAWADA DENTAL OFFICE
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 治療法について
  • 院内設備
  • よくあるご質問
  • アクセス

歯内療法専門医の医院情報,活動報告,そして歯内療法に関する最新情報を発信しています.

第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料

先月の第38回日本歯内療法学会で発表させていただいた内容です.
当日,まとめ資料としてA4版の紙を100部用意していたのですが,あっという間になくなってしまい,「ゲットできなかったので,送って欲しい」という問い合わせを多数いただきました.

このブログでその時お配りしたものをアップします.
学会に参加してくださった先生方に申し訳ないので,テーブルクリニックの内容をすべて載せるわけにはいきません.
内容については,今後学会誌などの場を借りて皆様にお伝えしようと思います.



T-09 ネゴシエーションの新たな試み その2
澤田デンタルオフィス 澤田則宏


 

上の内容が,現在私が根管拡大に使用している方法です.
テーブルクリニックを聞かれていない先生にはこれだけではわかりにくいかもしれませんね.申し訳ありません.


本当に石灰化した根管をあけることはできませんが,本来の根管がある場合に今までより格段に時間の短縮が可能となります.
是非,次の考察(コツ)を読んで,トライしてみてください.
ただし,ファイルは折れます.折れないファイルはありません.
ですから,まず抜去歯で十二分に練習をしてから臨床で使ってくださいね.


考察 (コツ)
・ 実体顕微鏡下で手用ファイルを用いてネゴシエーションを行うと手指が視野を妨げることになるが,根管形成用エンジンを使用することにより視野が妨げられることなく形成が可能となる.
・ 根管形成用エンジンを使用することにより,ネゴシエーションから穿通までの時間が短縮できる.結果的に根管形成の時間が大幅に短縮される.
・ 今回使用した回転は,ファイルのねじれ破折を減らす効果がある.
・ 石灰変性している根管はあかない.どこかに根管があるのにファイルが入らないような症例ではネゴシエーションの一法として有用と思われる.
・ 根管の彎曲を考え,彎曲の反対側根管壁にプレカーブの弓状の部分を当てるようにする.軽い上下動を行い,決して強く押し込まない.



同じカテゴリー(治療)の記事画像
抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実
澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」
破折歯への対応
衛生管理(グローブ)
「抜歯するしかない」と言われた症例
エックス線の影
同じカテゴリー(治療)の記事
 ある先生からのお手紙 (2017-08-10 10:30)
 「マイクロエンド時代のガッタパーチャ除去」 (2016-05-23 10:07)
 慢性痛の脳内のメカニズムを解明 (2016-04-13 19:26)
 抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実 (2015-10-08 18:39)
 澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」 (2015-09-06 20:51)
 破折歯への対応 (2015-08-02 21:26)

更新日:2017年08月09日

院長 澤田則宏ブログ
ご予約・お問い合わせは 03-3341-4618
歯科医師の先生方はこちら 紹介方法&セミナー案内
とうきょうキッズメディカルスクールホーム
削除
第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料