顕微鏡を使用した歯内療法など無痛治療で抜歯をしない歯科治療は四谷の澤田デンタルオフィス

本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

SAWADA DENTAL OFFICE
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 治療法について
  • 院内設備
  • よくあるご質問
  • アクセス

歯内療法専門医の医院情報,活動報告,そして歯内療法に関する最新情報を発信しています.

名医とは?

先日このブログで紹介した患者さんからまたメッセージをいただきました.
http://sawadadentaloffice.tamaliver.jp/e180672.html

今回のメッセージは「名医って何だろう」という内容でした.
とても良い話が書いてあるので,ここで一部ご紹介致します.

-------------------------------------------------------------------------------
昨今、この名医ってなんだろうと思うようになりました。○○先生(実際にこの患者さんを治療してくれた私の先輩です)や、また澤田先生のように高い技術をお持ちの先生はもちろん名医だと思います。一方、ホームドクターのようにご自身の力量や専門を踏まえたうえで、なお患者の意向を汲んでくださる、そして他の先生を快く紹介してくださる先生もまた、名医なのではないかと思うのです。先生方のリレーションシップというか…

もう30年も前になりますが、10代で前歯を折り、歯の治療のなんぞやもわからなかった私は「歯を抜いてしまうのか」と当時かかっていた先生にお聞きしました。そのときの先生のお話・説明で今でも鮮明に覚えていることがあります。
「僕は歯医者だから歯を抜くのは簡単なんだ。でも歯は爪や髪と違って一度でも削ったり、まして抜いてしまっては二度と元通りにはならないよ。あなたの歯を抜いてしまうのは歯医者として僕の負けなんだよ」

今思うと、あの先生も名医だったなあ、と思うのです。もう高齢になられて診察に出られることは少なくなったとのことですが、実家の母が検診に出向いたところ「○子さんはどうしていらっしゃいますか?」と。今でも覚えてくださっているのでしょうか。上顎前歯2本、まだ健在です。
-------------------------------------------------------------------------------


いやぁ,良い話ですね.
この大先輩の先生,本当に名医だと思います.
「歯を抜いてしまうのは歯科医師としては負けなんだ」
という言葉.確かにその通りですね.
私も今一度肝に銘じておきます.

自身の力量や専門を踏まえ,患者さんのために最善の道を提案する先生,
この先生も名医だと思います.


私もこの大先輩の先生のようになるべく,日々研鑽を怠らず,
皆様により良い治療を提供していきたいと思います.


良いお話をありがとうございました.



同じカテゴリー(治療)の記事画像
第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料
抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実
澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」
破折歯への対応
衛生管理(グローブ)
「抜歯するしかない」と言われた症例
同じカテゴリー(治療)の記事
 ある先生からのお手紙 (2017-08-10 10:30)
 第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料 (2017-08-09 21:51)
 「マイクロエンド時代のガッタパーチャ除去」 (2016-05-23 10:07)
 慢性痛の脳内のメカニズムを解明 (2016-04-13 19:26)
 抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実 (2015-10-08 18:39)
 澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」 (2015-09-06 20:51)

更新日:2011年09月08日

院長 澤田則宏ブログ
ご予約・お問い合わせは 03-3341-4618
歯科医師の先生方はこちら 紹介方法&セミナー案内
とうきょうキッズメディカルスクールホーム
削除
名医とは?