顕微鏡を使用した歯内療法など無痛治療で抜歯をしない歯科治療は四谷の澤田デンタルオフィス

本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

SAWADA DENTAL OFFICE
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 治療法について
  • 院内設備
  • よくあるご質問
  • アクセス

歯内療法専門医の医院情報,活動報告,そして歯内療法に関する最新情報を発信しています.

セカンドオピニオン

先日のブログでも少し書きましたが,
セカンドオピニオンについて考えてみたいと思います.

セカンドオピニオンとは,
歯科医師の診断や治療方針について,
患者さんが別の歯科医師の意見を求めることです.

意味のあるセカンドオピニオンを患者さんが得るためには,
最初の歯科医師から診査内容やエックス線写真などのデータを
もらってくることが不可欠です.

当院でもセカンドオピニオンの希望を受け付けておりますが,
前医からのデータがないと,
それは「ファーストオピニオン」となりかねません.
(ファーストオピニオンという言葉があるかわかりませんが....)

過去の診査や治療内容,そしてその経過などがあってはじめて
セカンドオピニオンをお話できるのです.



そして,歯科医師の診査内容および診断はよく聞いてください.
必要であればメモをしてもいいでしょう.
良医は必ず丁寧な説明をしてくれるはずです.
わからなことがあれば,「ここはわからない」と言うこともあるかもしれません.
私も確定診断に至らず,
複数の鑑別診断を提示することもあります
診断結果に基づき治療方針は決まるのですから,
我々歯科医師の話をよく聞いて,
わからないことは遠慮なく質問してください.


セカンドオピニオン,大歓迎ですが,
前医の診査や治療内容などももらってきてくださいね.




同じカテゴリー(治療)の記事画像
第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料
抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実
澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」
破折歯への対応
衛生管理(グローブ)
「抜歯するしかない」と言われた症例
同じカテゴリー(治療)の記事
 ある先生からのお手紙 (2017-08-10 10:30)
 第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料 (2017-08-09 21:51)
 「マイクロエンド時代のガッタパーチャ除去」 (2016-05-23 10:07)
 慢性痛の脳内のメカニズムを解明 (2016-04-13 19:26)
 抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実 (2015-10-08 18:39)
 澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」 (2015-09-06 20:51)

更新日:2011年04月27日

院長 澤田則宏ブログ
ご予約・お問い合わせは 03-3341-4618
歯科医師の先生方はこちら 紹介方法&セミナー案内
とうきょうキッズメディカルスクールホーム
削除
セカンドオピニオン