顕微鏡を使用した歯内療法など無痛治療で抜歯をしない歯科治療は四谷の澤田デンタルオフィス

本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

SAWADA DENTAL OFFICE
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 治療法について
  • 院内設備
  • よくあるご質問
  • アクセス

歯内療法専門医の医院情報,活動報告,そして歯内療法に関する最新情報を発信しています.

日本歯科評論2月号

日本歯科評論という歯科雑誌にコラムを書きました.

内容は,「Ni-Tiファイルとステンレススチールファイルの使い分け」です.




歯内療法に限ったことではないと思いますが,
新しい物(器具,術式)にも,古い物にも
それぞれ長所と短所があります.

「Ni-Tiは折れるからいやだ」という頭の固い先輩,
「ステンレススチールファイルは柔軟性がない」と
相手にしない若手,.....
これでは効率のよい治療はできません.

それぞれのメリットを最大限に生かす方法を考えていきたい,
それが私達歯内療法専門医が伝える歯内療法なんです.

今回のコラムに対して読者の方から,
「わかりやすい文章で整理されていて,とても参考になる」
というコメントもいただきました.
ありがとうございます.

歯内療法で困っている先生,
よかったら,是非手に取ってみて下さい



ところで,同じ雑誌に大学の同級生の若林先生の臨床論文も載っていました.
その内容も「今までの治療をしっかり見直そう」
という感じかと思います.

「最近,少し揺れ戻し現象が起きている」と雑誌編集部の人は言います.
新しい技術も必要ですが,
若い先生方には今までの技術もしっかり覚えてほしい,
と考えています.




同じカテゴリー(治療)の記事画像
第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料
抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実
澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」
破折歯への対応
衛生管理(グローブ)
「抜歯するしかない」と言われた症例
同じカテゴリー(治療)の記事
 ある先生からのお手紙 (2017-08-10 10:30)
 第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料 (2017-08-09 21:51)
 「マイクロエンド時代のガッタパーチャ除去」 (2016-05-23 10:07)
 慢性痛の脳内のメカニズムを解明 (2016-04-13 19:26)
 抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実 (2015-10-08 18:39)
 澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」 (2015-09-06 20:51)

更新日:2011年02月09日

院長 澤田則宏ブログ
ご予約・お問い合わせは 03-3341-4618
歯科医師の先生方はこちら 紹介方法&セミナー案内
とうきょうキッズメディカルスクールホーム
削除
日本歯科評論2月号