顕微鏡を使用した歯内療法など無痛治療で抜歯をしない歯科治療は四谷の澤田デンタルオフィス

本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

SAWADA DENTAL OFFICE
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 治療法について
  • 院内設備
  • よくあるご質問
  • アクセス

歯内療法専門医の医院情報,活動報告,そして歯内療法に関する最新情報を発信しています.

主治医

歯内療法専門医は主治医にはなりません.

主治医の元で決めた治療計画にそって治療を進めていく上で,
難しい場面に直面した際に,お手伝いするのが専門医の仕事です.

では,主治医(かかりつけ医)って何でしょう?



当院では初診でいらっしゃった患者さんには,
主訴となる歯の過去の治療内容をまず聞きます.

ほとんどの患者さんは,
その歯が痛くなったころから,治療の経過などを正確に答えてくれます.

しかし,最初に虫歯の治療したのは?
シンケイを取ったのはいつですか?
というような質問にはほとんど答えられません.

そりゃそうですよね.
2,3年前ならいざしらず,10年,20年となれば
記憶も曖昧になって当然です.

主治医の先生からの紹介状には,
その医院で処置した内容が記載されています.

以前治療したときに,虫歯が進行していて,
やっと残した歯であるとか,
破折線があったが,何とかここまで持たせているとか,
重要な情報が書いてあります.

患者さんはその場では治療内容を聞いているはずですが,
数年もたてば,果たしてその歯が今回の痛みのでた歯だったかっどうか,
わからなくなってしまうものです.

こんな時に,長年通院した主治医の記録は大変役立ちます.
「○○先生のところへ行けば,私の歯の記録がちゃんと残っている」
という事実はとても重要なことなのです.


是非,みなさん主治医をしっかり決めてください.





同じカテゴリー(治療)の記事画像
第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料
抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実
澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」
破折歯への対応
衛生管理(グローブ)
「抜歯するしかない」と言われた症例
同じカテゴリー(治療)の記事
 ある先生からのお手紙 (2017-08-10 10:30)
 第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料 (2017-08-09 21:51)
 「マイクロエンド時代のガッタパーチャ除去」 (2016-05-23 10:07)
 慢性痛の脳内のメカニズムを解明 (2016-04-13 19:26)
 抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実 (2015-10-08 18:39)
 澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」 (2015-09-06 20:51)

更新日:2011年01月22日

院長 澤田則宏ブログ
ご予約・お問い合わせは 03-3341-4618
歯科医師の先生方はこちら 紹介方法&セミナー案内
とうきょうキッズメディカルスクールホーム
削除
主治医