顕微鏡を使用した歯内療法など無痛治療で抜歯をしない歯科治療は四谷の澤田デンタルオフィス

本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

SAWADA DENTAL OFFICE
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 治療法について
  • 院内設備
  • よくあるご質問
  • アクセス

歯内療法専門医の医院情報,活動報告,そして歯内療法に関する最新情報を発信しています.

ライカの実体顕微鏡

開業当初から当院での治療には実体顕微鏡(マイクロスコープ)を使用しています.

顕微鏡を使った歯科治療もだんだん普及し,
日本でも多くの先生が治療に取り入れてくれています.

顕微鏡も各社から様々なものが発売されており,
低価格でも手に入るものもあり,
また高性能のものもあります.



今年の春,Leicaから新しい顕微鏡が発売されました.
これは高性能の分野(つまり高価格)ですが,
あのLeicaがはじめて歯科用として作った顕微鏡です.

もちろん,レンズはLeicaですから問題ありません.
そして,歯科用ということで,
顕微鏡の中に必要なものをすべて組み込んでしまいました.

変倍機構やフィルターの変換はもちろんですが,
録画装置まで組み込んでしまったのです.

これは画期的です.

今までは長いコードを診療室に這わせて,
DVDデッキなどで録画していたのですが,
それが顕微鏡の中で行えるのです.

多少高価格でも,録画装置にかかる費用を考えると,
けっして高くはありません.


春先に発売され,多くの先生が購入されたそうですが,
実はいくつか問題点もありました.
Leicaの責任者や技術者が何度も来日し,
改善点を話しあい,先日新たなバージョンアップが行われました.

これで益々良い顕微鏡になったと思います.
より良いものを提供しようという努力,
企業のこういう姿勢って大切ですよね.

そして,そういう機器を使って,
より良い歯科治療を提供していきたいと,
我々歯科医師は考えています.





同じカテゴリー(治療)の記事画像
第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料
抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実
澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」
破折歯への対応
衛生管理(グローブ)
「抜歯するしかない」と言われた症例
同じカテゴリー(治療)の記事
 ある先生からのお手紙 (2017-08-10 10:30)
 第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料 (2017-08-09 21:51)
 「マイクロエンド時代のガッタパーチャ除去」 (2016-05-23 10:07)
 慢性痛の脳内のメカニズムを解明 (2016-04-13 19:26)
 抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実 (2015-10-08 18:39)
 澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」 (2015-09-06 20:51)

更新日:2010年12月22日

院長 澤田則宏ブログ
ご予約・お問い合わせは 03-3341-4618
歯科医師の先生方はこちら 紹介方法&セミナー案内
とうきょうキッズメディカルスクールホーム
削除
ライカの実体顕微鏡