顕微鏡を使用した歯内療法など無痛治療で抜歯をしない歯科治療は四谷の澤田デンタルオフィス

本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

SAWADA DENTAL OFFICE
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 治療法について
  • 院内設備
  • よくあるご質問
  • アクセス

歯内療法専門医の医院情報,活動報告,そして歯内療法に関する最新情報を発信しています.

エックス線撮影装置

 今日,ある患者さんから「設備というのも大切なんですね」と言われました.その方曰く,「技術の方が大切だと思っていましたが,以前の医院で撮ったエックス線写真ではよくわからなかったものが,紹介元の先生のところではよくわかりました.そして,先生の医院ではもっとよくわかりました」ということでした.

 当院のエックス線装置は,昨年入れ替えを行い,すべてデジタル化しました.低被曝になっただけでなく,撮影したエックス線写真をモニタ上で拡大したり,コントラストを変えたり,白黒反転させたり,様々なことが可能です.患者さんへの説明も,小さなフィルム上で説明するより,大きなモニタ上で,マウスのポインターを動かしながら,必要であれば線なども書き込みながら説明することにより,患者さんの理解度は高まるようです.

 でも,撮ったエックス線写真を読影できなければ意味がありません.歯科医師には,しっかり読影する能力が必要なのです.「えっ,そんなのみんなできるでしょ」と思われるかもしれませんが,やはりトレーニングが必要なのです.せっかく撮影しても,それを十分生かす歯科医師の能力があってはじめて装置が十分な力を発揮するのです.

 私が留学していた米国ペンシルベニア大学の歯内療法学教室では,毎週水曜日の夕方,教室員の全症例を大写しにして,みんなで検討する会がありました.そこでイヤというほどエックス線写真を診ていると,自然に歯の立体像が頭の中に構築できるようになるのです.大切なトレーニングです.

 装置も大切ですが,それを生かす歯科医師の能力,そして技術,これらがあってはじめて患者さんに最先端の医療を提供できるのだと考えています.やはり日々の研鑽が大切,ということでしょうか.



同じカテゴリー(治療)の記事画像
Sawada Selection 2018
第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料
歯内療法学会誌論文掲載
抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実
澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」
破折歯への対応
同じカテゴリー(治療)の記事
 Sawada Selection 2018 (2018-05-05 09:41)
 ある先生からのお手紙 (2017-08-10 10:30)
 第38回日本歯内療法学会テーブルクリニックの資料 (2017-08-09 21:51)
 歯内療法学会誌論文掲載 (2017-06-06 13:07)
 「マイクロエンド時代のガッタパーチャ除去」 (2016-05-23 10:07)
 慢性痛の脳内のメカニズムを解明 (2016-04-13 19:26)

更新日:2010年11月05日

院長 澤田則宏ブログ
ご予約・お問い合わせは 03-3341-4618
歯科医師の先生方はこちら 紹介方法&セミナー案内
とうきょうキッズメディカルスクールホーム
削除
エックス線撮影装置